平井千絵 フォルテピアノだより

フォルテピアノの音色に魅せられ、オランダ留学→演奏活動開始、住むこと10年以上。2012年春に帰国しました。フォルテピアノ(現代ピアノのご先祖さま)奏者、指導者として活動しています。所属事務所ムジカキアラ http://www.musicachiara.com ラーノ音楽教室 http://atelier-rano.jimdo.com/ラーノ音楽教室/講師紹介/ 東海大学芸術学科非常勤講師

3月18日17時 @池上實相寺 アクセス その2

3年ぶりの更新と思ったら 2連発ですか!って突っ込みつつ。

アクセスその2

西馬込駅南口 から
西馬込駅南口から實相寺 地図

こちらもシンプルな道です。

1 南口を出ます  ここから第2京浜沿いに、700メートルほど直進です
西馬込ルート01
 
2 向かい側にセブンイレブンがあります
西馬込ルート02

 
3 横断歩道を渡らずに左へ!
西馬込ルート03
 
4 歩道橋をくぐって
西馬込ルート04
 
5 反対側にガソリンスタンドとマツダがみえてきたら、
西馬込ルート05
 

6 洗車屋さんの奥の角を左に
西馬込ルート07
 
7 池上梅園を左に見て真っ直ぐ進むと
西馬込ルート08
 
8 左手に實相寺です! 
西馬込ルート09

WINDS CAFEの通常の会場とは違うため、初めてお越しになる方、
迷わずに、楽しい道のりになりますように!

さぁ今日もベートーヴェンとHahn練習するぞ!

3月18日17時 @池上實相寺 アクセス その1

いやはや。
Facebookにアーティストページを作ったこともあり、
ブログから完全にご無沙汰してしまって、気づいたら
3年?!?!

気を取り直して、もう来月に迫った、ユニークな公演のお知らせを
させていただきます!
公演内容の紹介は別記事にするとして、まずは公演会場のご紹介を。
池上實相寺(じっそうじ)
凜とした佇まいのそれは美しいお寺です。

初めていらっしゃる方のために、お弟子くんの力をお借りして、
アクセス マップを作ってみました。
参考になれば嬉しいです。

最寄駅はふたつ。
1 東急池上線 池上駅 徒歩12分
2 地下鉄都営浅草線 西馬込駅 徒歩10分

どちらの駅からも、ほぼ直線に近い感じで歩けます。
まずは池上駅からのアクセスをご紹介します!

池上駅北口から實相寺 地図

池上本門寺の脇を通るのが、いちばん面白く、たくさんの
お寺を見ながら歩けますが、じゃっかん分かりにくいかもしれないので、
色気はないけれど笑 わかりやすい道順をご紹介します。


1 北口を出ます。池上本門寺の看板が目印!右手に駅コンビニがあります!
池上ルート01

 
2 出たらローソンがあるので、ローソンに向かって道を渡り、
池上ルート02
 
3 マクドナルドを道路の右手向かい側にして真っ直ぐ進みます。ここから850メートルほど基本的に直進(道なり)です
池上ルート03
 
4 ようこそ池上 
池上ルート04
 
5 すぐ側の交差点を真っ直ぐ渡ります。  
池上ルート05
 
6 しばらくすると右手に早稲田アカデミーが目立ってます
池上ルート06
 
7  直進です
池上ルート07
 
8 もっと行くと左に池上図書館、その先右に池上文化センターが見えます
池上ルート08
 
9 稲荷橋を渡って、しばらく目立ったものの無い不安な直線を進んで、
池上ルート09
 
10 上に緑の橋(第二京浜)が見えたら、 
池上ルート10jpg
 
11 手前の交差点を右折
池上ルート11
 
12 突き当たりに見えるのが實相寺です
池上ルート12
 
13 到着です! 
池上ルート13
 
WINDS CAFEには珍しく、17時開演です。
予約は要りません。
皆様のお越しをお待ちしております! 
 

フォルテピアノ 体験セミナー開催します!

やっぱりすいとんも好きな平井千絵からのお知らせです。
11月10日火曜日!(もうすぐですね)
久々の、フォルテピアノセミナー開催します!

ワークショップ、という感じの、初心者向け体験セミナーです。
S__10592258


ここ数年、平井の演奏会にいらして、いちどフォルテピアノに触ってみたい!
とおっしゃる方が増えてきました。

その声にお応えしたい、という思いが、今回ユーロピアノさんのご協力を得て、実現することになりました。
これまで、数回のワークショップを平井のスタジオで開催してきましたが、
スペースの問題で、大きく募集ができませんでした。

今回は、20名様まで参加できます、お待ちしております!

ソロか連弾か、もしくは聴講希望かを明記してお申し込み下さいね。
課題曲はこちら

1110_2

サブタイトルにも注目してください。
モダンピアノへの道、なんです。
フォルテピアノ、モダンピアノ(=現代ピアノ)、を断絶する境界線はそもそもありません。

フォルテピアノ(=モダンピアノ以前の、多種多様なピアノの総称)が様々に変遷を遂げながら、
モダンピアノの形になっていったということを、このシリーズの中で、感じていただき、
みなさまのピアノライフがより楽しく、新鮮に輝くお手伝いができたらと思います。

10年以上、まったくモダンピアノに触れずにフォルテピアノ以前の楽器と生活してきて、
やっとここ数年、モダンピアノに戻ってきた自分が、心底、モダンピアノを楽しんでいることが、
自分自身驚きで、本当に嬉しいのです。

はっきり言えることは、この道筋、つまりモダンピアノがたどった道すじを通ったからこそ、
モダンピアノとちかしく付き合えるようになったということです。
それまでは、大きなテゴワイ塊と格闘する気分でした・・・

・・・現代のピアニストのレパートリーは、チェンバロの時代から始まる広範なものです。
そのレパートリーを順番にたどっていくと、なんとバラエティ豊かな鍵盤楽器の歴史が見えてくることでしょう
各会場で拙いながらもお伝えしていますように、フォルテピアノという言葉は、
対モダンピアノという意味ではなく、しかもたった一種類の楽器を指す言葉でもなく、総称なのです。

わたしが好きなのは、そういう、バラエティー豊かな楽器の存在を感じながら、
様々な薫りを各作品に感じながら音楽することです。

なので・・・

フォルテピアノって名前しか聞いたことない、という方、どうぞどうぞ!

チェンバロと違うんだっけ?、ペダルないんでしょ?と不安なかたも、ぜひ!

歌えない楽器だよね、生で聞いたことないけどなんにもできない楽器だよね、表現力ないから
廃れちゃったんでしょ、とか、巷でのフォルテピアノに対する疑いは、てんこ盛り。
(←以上、すべて過去にわたしが持っていたThe疑いの数々です^^;) 

けど、やっぱり”気になる”フォルテピアノ・・・な方、思いきって参加してみてください。
会場で、過去のずっこけ話もたくさん用意して、お待ちしておりますm(_ _)m

※10月29日時点、14名さまのお申し込みをいただいております。
オールフォルテピアノ初心者さまですので、生徒さまの前では立場上ずっこけられない
ピアノの先生方も、安心して 初挑戦してみてください♪
 鍵盤が軽くて浅くてさいしょはびっくりですが、だんだん軽やかさと快活さに
気持ちよくハマりますよ〜! 
プロフィール

hiraifortepiano

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ