平井千絵 フォルテピアノだより

フォルテピアノの音色に魅せられ、オランダ留学→演奏活動開始、住むこと10年以上。2012年春に帰国しました。フォルテピアノ(現代ピアノのご先祖さま)奏者、指導者として活動しています。所属事務所ムジカキアラ http://www.musicachiara.com ラーノ音楽教室 http://atelier-rano.jimdo.com/ラーノ音楽教室/講師紹介/ 東海大学芸術学科非常勤講師

2014年 コンサート


2014年はこんな活動でした。

3月5日 モーツァルト協会第557回例会 佐藤俊介さん エマニュエル・ジラールさんとのトリオ

4月13日 Mozart Speaks Vol3 リリースコンサート @東京文化会館

5月24日 カーサクラシカ ランチオンミュージック
 
6月12日 時代様式入門セミナー「古典派らしさを失わない ポイントとは?」@松戸 伊藤楽器 

7月19日 楽器と巡る音楽の旅 チェロ編 @ オペラシティ リサイタルホール  

7月19日 楽器と巡る音楽の旅 ヴァイオリン編 @ オペラシティ リサイタルホール 

10月12日 園田高弘メモリアルコンサート @ JTホール 

10月19日 WINDS CAFE 214 @ セントレホール

11月15日 キッズmeet古楽 @稲城iプラザホール

11月22日 フォルテピアノってなぁ〜に @ 桐生市市民文化会館

12月8日 ぴあのの部屋vol6 @ 銀座王子ホール


 

セミナーの様子@伊藤楽器さんのHP

お暑うございます。

今日は今年2回目のピティナ審査でした。

さて、6月に伺った、松戸でのセミナーの様子を
 伊藤楽器さんのHPに載せていただきました!
伊藤楽器さんのHP
 
わー♡ 喜んでいただけて・・・感激です!

いやはや、なにかと回りくどいしゃべり方になってしまいがちな自分なので、
レクチャーやセミナーのときは、ほんとうに緊張します。

日頃からクリアに考え、アタマのなかを整理するくせを付けないと!

というわけで、原稿書き、今夜もがんばります!
 

6月のセミナー@松戸の伊藤楽器さん

そういえば。という書き出しが続いているような気がいたしますが・・・

月刊誌ムジカノーヴァさんの、レッスンしましょ というコーナーに
ときどき書かせていただいているのですが、
松戸でピアノの指導者さんたち対象のセミナーをやったんでした。
6月のことです〜
ムジカノーヴァ ブログ

先生方の真剣なまなざしの中、プレッシャーを感じつつ、でも、
もう自分の知ってること以上のものは出せない!と開き直りながら(?!)
古典派らしさとは、について
2時間いろいろお話しました。 

質問コーナーで、ある先生から、
「古典派とロマン派を分ける表現上のボーダーライン 」について
訊かれました。
「古典派の曲を演奏するとき、”その弾き方ではロマン派のようだ”、と批評されることが
あるが、 どう弾いたらロマン派になってしまい、どう弾いたら古典派らしいと
言えるのか。」
という主旨のご質問でした。

正直、答えに窮してしまいました。

こんなふうに、あんなふうに、と、弾いてお聴かせすることは 出来ても、
論理的に、こうやったらダメ、こうすればオッケー、というような
明快な答えを提示することができませんでした。
・・・そもそも、白か黒か、というような、単純な答えを用意することは
できない問題なのかもしれません。
それなら、それはそれで、自分の言葉ではっきり、明快に、説明したいと
思うのです。
以来、教えながら、演奏しながら、お茶を飲みながら、思い出すたびに
考えています。

いつか説明下手のわたしなりの、言葉での説明ができるようになったら、
みなさんの前でお話しし、ご意見を訊いてみたいと 思っています。
 ・・・そのときに、あのとき松戸で質問なさった先生が
いらしてくださるかどうか・・・・・
 
こうして考えてみると、ほんとにコンサートでもセミナーでも電車で隣り合ってしゃべるのでも、
一期一会の真剣勝負ですね! 
だって次の出会いがあるかどうか、わからないんですもん。 

やっぱり一瞬一瞬を大切にしなきゃいかんなと、思います。
おやすみなさい。
 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ