平井千絵 フォルテピアノだより

フォルテピアノの音色に魅せられ、オランダ留学→演奏活動開始、住むこと10年以上。2012年春に帰国しました。フォルテピアノ(現代ピアノのご先祖さま)奏者、指導者として活動しています。所属事務所ムジカキアラ http://www.musicachiara.com 東海大学芸術学科非常勤講師  東海大学生涯学習講座「大人のためのピアノ教室」https://ext.tokai.ac.jp/staticpages/index.php/koza-detail?id=2018aSAT02

ダブルコンチェルト

a0eeef61.jpg
4月のことを振り返って書いてみます・・・
ドーヴィルという、パリから200キロほど離れたノルマンディーの素敵な街で
韓国出身パリ在住のスーさんと、モーツァルトの二台のピアノのためのコンチェルト
を共演してきました。
リハーサル。
左側が私です。このホールは競馬馬のオークション会場として
使われているのですが、音響抜群!!めちゃくちゃクリアに
透明に響きます。楽器は2台ともワルターのコピーで、フランスの
南の方から運ばれてきました。私が使ったのはクリストファー・クラーク作。
2001年にSaintesのフェスティバルで弾いたときに使って以来でしたが、
クラークさんの工房でオーバーホールされ、美しい音が見事に蘇って
いました。それから、ヴァイオリンの松永綾子ちゃん、渡辺さとみさん
にお会いしました!
750b1e10.jpg

泊まっていたおうち。小高い丘の上にあり、海が見渡せました。
b99f9f9a.jpg

すっかりご無沙汰しました!

はりきって始めたブログでしたが、ずいぶんとご無沙汰をしてしまいました。
めんどうくさがり屋であること&先月までダイヤルアップでインターネット
していたから、が理由かと・・・。今考えると、かたつむりのようなスピードの
ダイヤルアップでよくやっていたなぁと思ってしまいますが・・・。
今までの演奏会を振り返りつつ、ご報告が追いつけるようにがんばります!
おととい18日ぶりにオランダに戻り、あしたから久しぶりのイギリスです。
来週からはりきって更新に励みます。

鈴木秀美さんとのコンサート

というタイトルを付けましたが、コンサートがあったのは1月21日でした。
(自分で簡単にアップできるブログにしたはずでしたのに?!)

 Mendelssohn の全チェロ作品 プラス シューベルトのアルペジオーネ・ソナタという、なかなか分厚いプログラムで、しかもピアノも2台使いました。
秀美さんもチェロとチェロピッコロを使いましたよ。

秀美さんが、アンコール前のスピーチで 「人がロマン派を弾くというと雪が降るのでしょうか」と、会場の笑いを誘っていましたが、当日は、朝起きたら窓の外は真っ白、嬉しい驚きでした!
降りしきる雪が、周りの音をすっと吸い込んで静かにしてくれるようで、また、私の心の熱をおだやかに静めてくれるようでもあり、ずっとその中にたたずんでいたいような気持ちになりました。

e8c637c7.jpg
 トッパンホールの美しい響きとおしゃれな雰囲気、 熱い(!)お客様、 幸せな体験がまたひとつ増えました。

 7月にはオランダでレコーディングもあり、これからデュオとしての活動が正式に始まっていきます。

 みなさま、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

リハーサル。
このピアノは日本文化財団からお借りしたグラーフです。


詳しくはこちらをご覧下さいませ!
プロフィール

hiraifortepiano

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ