約1週間の日本滞在です。
今朝雨戸を開けたら景色がまっ白。
赤くてまん丸の南天の実に雪がずんと積もった様子、
こどものころから大好きでした。
あーー、実家にいるんだぁと日本滞在6日目にして実感している私。
6日分もずれると、もはや時差ボケというジャンルでは
くくりきれないものかもしれません。


毎日2つ以上の場所で、いろいろな出会いを経験中。
憧れの久保田慶一先生(音楽学)、山尾敦史さん(むかしちょこっとだけ
お話したことはあるのだけど、話し込んだのは初めて)、
フランス大好き仲間代表・Yおねえさまのご好意で、
ピアニストの堀江真理子さんと音楽学の遠山菜穂美さんとのランチに
割り込み参加まる させていただいたり(お料理もおいしかった!)。
すてきな時間に感謝。。。です。
ショパンと神奈川新聞のインタビューもあったよ。


今回買った本は16冊。(これ以上はイケナイっ!)
オランダで増え続け、床にあふれ続ける本の山・・・
買ってはいけない2と思うのに、やっぱり買ってしまう・・・
CDもDVDも。
古本屋さんの100円コーナーでは、松浦理英子のおぼれる人生相談、
よしもとばななの対談、ダライ・ラマ自伝、市田ひろみさんの京都の
お作法 を。中島らもの人生相談の本も大好きだったけど
やっぱり「永遠も半ばをすぎて」がいちばん好きだなぁ。
登場人物のせりふが好き!



これから鈴木秀美さんと打ち合わせのあと、
夜は研究者の弟も交えてひさびさに家族で外食。
生麩がたくさん食べられるところみたいなので、食いだめですよ!
あ、でもまた4月から日本長期滞在だから 食いだめる必要も
ない・・・ですね、はい。


この雪のおかげで予定をひとつ泣く泣くキャンセルしたのだけど、
こうしてブログ更新できてよかった♪


12月、国立新美術館に行った時の写真。
だいだい色の夕日とメタリックな建物のコントラストがとても現代的だと
思いました。(この写真じゃ、わかんないですねぇ)

e8caffd4.jpg