今日は雨の日曜日。昨日は信じられないくらいの晴天。
日本の秋晴れのようだった。
運動会のころの空って、こんな感じだったっけ、とふと
思い出す。

アステルダムでの練習場に向かうフェリー、たった10分足らずの
乗船(なんて大げさな)だけど、毎回、いいなぁと思う。
このことを毎日する意味のために借りた練習場だったのかなと
思ったり。
船に乗ると、みんな進行方向を向くでしょう。自転車を抱えて、
行き先をじっと見ている。みんな。老いも若きも。そういう
みんなの顔に、朝日や夕日や夜のぼおっとしたネオンが当たる。
携帯からSMSしてる人、たばこを吸ってる人、風が強いわねぇと
言いながらジャンパーのフードをかぶりなおしてるおばあさん、
英語もけっこう聞こえるこのちいさな青いフェリー。
行きは、よし、みんながんばってるな(この辺が日本人のわたし)、
わたしもガンバルゾ。
帰りは、みんなそれぞれ何か思いながらおうちに帰るんだな、
おつかれさまでした(これまた日本人のわたし)、って勝手に
心の中でつぶやきながら、わたしの大好きな10分は過ぎて行く。