平井千絵 フォルテピアノだより

フォルテピアノの音色に魅せられ、オランダ留学→演奏活動開始、住むこと10年以上。2012年春に帰国しました。フォルテピアノ(現代ピアノのご先祖さま)奏者、指導者として活動しています。所属事務所ムジカキアラ http://www.musicachiara.com 東海大学芸術学科非常勤講師  東海大学生涯学習講座「大人のためのピアノ教室」https://ext.tokai.ac.jp/staticpages/index.php/koza-detail?id=2018aSAT02

フォルテピアノ

3月18日17時 @池上實相寺 アクセス その1

いやはや。
Facebookにアーティストページを作ったこともあり、
ブログから完全にご無沙汰してしまって、気づいたら
3年?!?!

気を取り直して、もう来月に迫った、ユニークな公演のお知らせを
させていただきます!
公演内容の紹介は別記事にするとして、まずは公演会場のご紹介を。
池上實相寺(じっそうじ)
凜とした佇まいのそれは美しいお寺です。

初めていらっしゃる方のために、お弟子くんの力をお借りして、
アクセス マップを作ってみました。
参考になれば嬉しいです。

最寄駅はふたつ。
1 東急池上線 池上駅 徒歩12分
2 地下鉄都営浅草線 西馬込駅 徒歩10分

どちらの駅からも、ほぼ直線に近い感じで歩けます。
まずは池上駅からのアクセスをご紹介します!

池上駅北口から實相寺 地図

池上本門寺の脇を通るのが、いちばん面白く、たくさんの
お寺を見ながら歩けますが、じゃっかん分かりにくいかもしれないので、
色気はないけれど笑 わかりやすい道順をご紹介します。


1 北口を出ます。池上本門寺の看板が目印!右手に駅コンビニがあります!
池上ルート01

 
2 出たらローソンがあるので、ローソンに向かって道を渡り、
池上ルート02
 
3 マクドナルドを道路の右手向かい側にして真っ直ぐ進みます。ここから850メートルほど基本的に直進(道なり)です
池上ルート03
 
4 ようこそ池上 
池上ルート04
 
5 すぐ側の交差点を真っ直ぐ渡ります。  
池上ルート05
 
6 しばらくすると右手に早稲田アカデミーが目立ってます
池上ルート06
 
7  直進です
池上ルート07
 
8 もっと行くと左に池上図書館、その先右に池上文化センターが見えます
池上ルート08
 
9 稲荷橋を渡って、しばらく目立ったものの無い不安な直線を進んで、
池上ルート09
 
10 上に緑の橋(第二京浜)が見えたら、 
池上ルート10jpg
 
11 手前の交差点を右折
池上ルート11
 
12 突き当たりに見えるのが實相寺です
池上ルート12
 
13 到着です! 
池上ルート13
 
WINDS CAFEには珍しく、17時開演です。
予約は要りません。
皆様のお越しをお待ちしております! 
 

ワークショップ 終了!

今まで 講座、とか レクチャー、というものは
何回かやってきたのですが、 ワークショップ 開催は初めての体験でした。

楽しかったです!

いつもじぶんが弾いている楽器を、誰かが 楽しそうに奏でているのを
横で見て、聴いて、それについて話し合って。

こうして同じ時間を過ごすことってこんなに楽しかったんだ!
ということを、発見させてくれた いいださん、ほんとうにありがとうございました

クレメンティのソナチネ ♪そーみ、どーそっそっそっ♪ を、思いっきり
楽しんでおられましたねー

 わーっ、この楽器の最高音なんですね、ここはーー!

 鍵盤が軽くて浅い~~!

って大喜びされてました(^-^)


 (弾きながら)鍵盤が足りなくなるんじゃないかと思いました-!


一楽章の後半で、ト音記号の上第4間(加線3本)のファが出てくるんですが、
これが、61鍵あるフォルテピアノの最高音なんですよね。
それ以上、高い音はない。これ以上高い声は出ないよーーっていう ぎりぎり感・・・
その ファ がもたらす
”最高音・感覚” (今、作った言葉です)
って、とってもスペシャルなんです。

作曲者が企んで登場させた、 その時代の最高音 を弾いているんだ、
っていう意識を、88鍵の現代ピアノで弾くときに持ったら、
また違うソナチネの顔と魅力を発見し、ますます楽しいソナチネ・タイムに
なるかもしれません♪

ひとりでも多くの方に、フォルテピアノの楽しさを体験して
いただきたいと思っていますので、開催日・時間など、
みなさんが参加しやすいワークショップになるよう、検討していきます!
ご要望、ツッコミ、質問、などなどなんでもOKです。
下記アトリエ・ラーノまで、お寄せいただければ 喜びます!
アトリエ・ラーノお問い合わせページ

次回のお題について、迷っています。。。
どういう形にしようかな。
当初、第2回はアンサンブル(伴奏パート)を取り上げようかと思っていた
のですが、ブルグミュラーの25の練習曲、とか、乙女の祈り、とか、
エリーゼのために、とか、トルコ行進曲とか
ピアノの発表会で人気の曲をやってみましょうか?
今回は指導者を中心にお声がけしましたが、もっと範囲を広げて・・・と
考えております。

ご意見や一言、などなど、ここにも書き込めます。
アトリエ・ラーノのfacebookページ

是非、次回フォルテピアノ・ワークショップにご期待ください!

あしたはワークショップ

明日は初めての、フォルテピアノ・ワークショップ開催です。

実際にフォルテピアノに触って・弾いてみよう!ということで、
指導者の方を中心に短期間で募集をかけたのですが、
参加されるのは おひとりのみ・・・。(・◇・)ゞ
なかなかひょいっと手が出るものではない?!
私自身も、数年間、躊躇しまくりで迷いに迷った末の”初タッチ”だったので、
いま、二の足を踏んでいるみなさんのお気持ちは
よーーーーぉく分かります。
が、これがねぇ、意外にシンプルなのですよ!
特にお子さんは、体も指も柔軟だし心が素直なので、
うまく力のぬけたタッチで、しょっぱなからいい音を出してくれるんですよ。
今回、都合がつかなくてとおっしゃっていたみなさん、
これからもちょくちょく、”弾いてみようの会”を企画しますので、
つぎの機会に是非!

明日のお題は ソナチネ です。
ピアノを習って少し上手になって、クーラウとかクレメンティのソナチネを
宿題にもらうと、ちょっと鼻が高いですよね!
オランダで教えていた生徒さんたちも、ソナチネという響きに目を輝かせて
嬉しいっ!という表情になっていたなぁ~そういう表情を見られるのが
ほんとに嬉しかった。
わたしも子供時代を懐かしく思い出します・・・。わたしが習っていた
山内由美先生は、華奢でさらさらのロングヘアーの、かわいらしいぃぃぃぃ先生で、
そのあこがれの先生が弾くチェルニ-やクレメンティのドソミソは、
軽やかで速くて、ますます憧れ度が加速したものでした。
先生が大好きなあまり、自分の気に入っていたぬいぐるみをプレゼントしたら
レッスン室にいつも飾っておいてくれて、わたしは毎週、そのわんこを
なでなでするところからレッスンを始めたものでした(爆)

さて、そういう身近なソナチネではありますが。
明日は当時の楽譜を使って、楽しんでみよう、という趣旨ですよ。
こんな楽譜です。

よし、部屋の掃除(笑)と調律、調律・・・いそげいそげ!

スタンリー・ホッホランドさんとの連弾

前回に引き続き、youtube のリンクを載せてみます。
音が悪いのが残念ですねぇ・・・
楽器はスタンリーご愛用の素っ晴らしいベーム(1824)で、
こんなはずじゃないのですが。
(わたしも鈴木秀美さんとのデュオのCDで使わせてもらって
おります)

髪型がぶたのしっぽみたいだとか、そういうことは勘弁してください。
<(_ _)>
当日は、ハーグから愛車(折りたたみ自転車)で会場まで
行こうとしていたのですが、雨がかなり降っていたため、
ご近所のTさんに結局車で送ってもらいました。
それでも、かなり雨にぬれて、そのまま教会でリハーサル
して、開演 数時間前にやっと鏡を見たら、ありゃーーという
状態になっていました。
くせっ毛の自分、鏡もトイレもない教会で、直前にどうにかしよう
にも、どうにもできない。。。。ということで、

しばりました。

が、あとでビデオを見たら、ひどい髪型に・・・びっくり。
軽いめまいを覚えました。後悔先に立たず。

と、音楽以外の話はこれくらいにして、スタンリーの若々しい
プリモ、シューベルトを聞いてください。

長らくご無沙汰いたしました

ブログを見てくださっているみなさま

長らくご無沙汰しておりました。
旧ブログサーバーが閉鎖して、こちらに移ったのですが、
そのあたりから更新意欲が急降下し、(理由は多々あるのですが)
放置も放置、ほったらかしにしてしまいました。
なにかをほったらかすと、まずおこる心の動きとして
“申し訳ない、早くしなきゃ”→
“あーでも、せっかくだからしっかりしたものを書かなくちゃ”→
“(放置していたせいでさらなる説明が必要な話題は)長くなりすぎて
読みにくいーー!!”
と、また放置してしまうんですねぇ。
と、もうなんだか弱い人間の見本帳を広げてしまいましたが、そういうわけで
これからはゆるゆると(って、今までもそうだったのですが)マイペースに
更新続けることにいたしました。
辛抱強く見守っていてくださっていたみなさま、
たいへんお待たせいたしました。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

では今日は最近、こんなことしました、ということで・・・こちらを!
プロフィール

hiraifortepiano

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ